旭川時事英語研究会

The ‘Lonely Hearts Club’

投稿日:

4月1日に時事英語研究会の例会がありました。

のむのむさんとmontoさん、翻訳は本当に大変だったと思います。お疲れさまでした。

早速コピーして資料として使わせていただきました。

来週、残りの半分をやる予定ですが、以下の部分はmontoさんならどういうふうに訳してくれるのでしょうか?非常に興味があります。

Despite stereotypes to the contrary, the male brain can fall in love just as hard and fast as the female brain, and maybe more so. When he meets and sets his sights on capturing “the one,” mating with her becomes his prime directive. And when he succeeds, his brain makes an indelible imprint of her. Lust and love collide and he’s hooked.

 

Love, sex and the male brain

By Louann Brizendine, Special to CNN

March 24, 2010 — Updated 2139 GMT (0539 HKT)

Editor’s note: Dr. Louann Brizendine is a member of the American Board of Psychiatry and Neurology and the National Board of Medical Examiners, and a clinical professor of psychiatry at the University of California, San Francisco. She is founder and director of the Women’s Mood and Hormone Clinic. She wrote “The Female Brain” and, just released, “The Male Brain.” Brizendine will appear on HLN’s “The Joy Behar Show” tonight at 9.

ルアンブリゼンダイン博士は米国精神・神経学会、および国立医学調査会の役員であり、カリフォルニア大学サンフランシスコ校の精神医学教授でもあります。Women’s Mood and Hormone病院の創立者であり、役員も務めています。「女性の脳」という本を執筆し、また最近「男性の脳という本も出版したばかりです。 彼女は今晩9時のニュース番組HLNのJOY BEHAR SHOWに出演する予定です。

(CNN) — Although women the world over have been doing it for centuries, we can’t really blame a guy for being a guy. And this is especially true now that we know that the male and female brains have some profound differences.

男性であるという理由だけで男性を非難する―これは世界中の女性が数世紀にわたって行ってきたことですが、実際には非難などできることではありません。
男女の脳に深い相違点があると判明した現在、特にそう言えます。

Our brains are mostly alike. We are the same species, after all. But the differences can sometimes make it seem like we are worlds apart.

ほとんどの面において、男女の脳は一様にできています。結局のところ、同じ人間ですから。 しかし相違点だけに着目すれば、男女の違いはまるで天と地ほどにかけ離れた存在に見えることもあります。

The “defend your turf” area — dorsal premammillary nucleus — is larger in the male brain and contains special circuits to detect territorial challenges by other males. And his amygdala, the alarm system for threats, fear and danger is also larger in men. These brain differences make men more alert than women to potential turf threats.

自分の縄張りを守ろうとする(脳の)領域 - 視床下部の背側乳頭核と呼ばれる - は男性脳の方が大きく出来ており、(縄張りの権利を求めて)他の男が戦いを挑もうとした場合、その動きを察知する特別な回路を有している。 また脅迫や恐怖、危険に対する警告システムである小脳扁桃も、男性の方が大きい。 これらの相違により、男性は女性よりも縄張りをめぐる潜在的脅威に敏感となっている。

Meanwhile, the “I feel what you feel” part of the brain — mirror-neuron system — is larger and more active in the female brain. So women can naturally get in sync with others’ emotions by reading facial expressions, interpreting tone of voice and other nonverbal emotional cues.

一方で、「私、あなたの今の気持わかる」的な脳の部分、― ミラーニューロンシステムと呼ばれる - は女性の方が大きく、しかもより活動的である。
だから女性は、顔の表情を読んだり、声とかの非言語的部分での感情から手がかりを読み取って、自然に相手の気持ちになることができるのである。

Perhaps the biggest difference between the male and female brain is that men have a sexual pursuit area that is 2.5 times larger than the one in the female brain. Not only that, but beginning in their teens, they produce 200 to 250 percent more testosterone than they did during pre-adolescence.

おそらく男女間での最も大きい相違点は、性欲を追求する脳の分野において男性が女性より2.5倍大きいことであろう。 それだけでなく、男性は思春期前にくらべ、思春期以降には200から250パーセントも多くテストステロンという男性ホルモンを作るようになってる。 10代からその傾向が始まるのである。

If testosterone were beer, a 9-year-old boy would be getting the equivalent of a cup a day. But a 15-year-old would be getting the equivalent of nearly two gallons a day. This fuels their sexual engines and makes it impossible for them to stop thinking about female body parts and sex.

もしテストステロンがビールだとするなら、9歳児は一日にカップ一杯に相当するビールを飲んでいることになる。だが15歳児では、一日にほぼ2ガロンの量を飲んでいることになる。これが彼らの性欲エンジンを稼働させ、女性の身体や性に関する事柄が頭から離れなくなるのである。

And so begins the ‘Man Trance’

All that testosterone drives the “Man Trance”– that glazed-eye look a man gets when he sees breasts. As a woman who was among the ranks of the early feminists, I wish I could say that men can stop themselves from entering this trance. But the truth is, they can’t. Their visual brain circuits are always on the lookout for fertile mates. Whether or not they intend to pursue a visual enticement, they have to check out the goods.

女性の胸を見てうっとりした眼つきをする ― この男性の恍惚感を駆り立てるのがテストステロンそのものなのだ。初期の男女同権運動員だった女の一人としては、男性がこのような恍惚感に入るのをやめてほしいと思っている。 だが男性はそうできないのが真実なのだ。 彼らの脳内にある、視覚をつかさどる回路は、常に受精相手を求めて見張っているのだ。視覚による誘惑を追い求めようとしている、いないにかかわらず、男性は常に獲物を見ていなければならないのだ。

To a man, this is the most natural response in the world, so he’s dismayed by how betrayed his wife or girlfriend feels when she sees him eyeing another woman. Men look at attractive women the way we look at pretty butterflies. They catch the male brain’s attention for a second, but then they flit out of his mind.

それから5分たったころ、女はまだ湯気を立てて怒っているだろうが、そのころ男の頭の中は「今晩の夕食は牛肉にしようか、鶏肉にしようか」などと考えているのだ。「どうしたんだ。何を怒っているんだよ」と男がたずねる。 「別に」と女が答える。男は肩をすくめ、テレビをつける。「この人ほかの女に走るつもりなんだわ、きっと」女は内心いぶかりながら不安になる。

Five minutes later, while we’re still fuming, he’s deciding whether he wants ribs or chicken for dinner. He asks us, “What’s wrong?” We say, “Nothing.” He shrugs and turns on the TV. We smolder and fear that he’ll leave us for another woman.

男性にとってこれは世界で最も自然な反応にすぎない。男性が他の女性に目を移すと、妻や恋人は裏切られたような感情を抱き、それが男性を驚かす。
男性が魅力ある女性を見るのは、我々女性が美しい蝶蝶を見るようなものなのだ。注意を引くのはほんの一瞬で、すぐに頭から消えているのである。

Not surprisingly, the different objectives that men and women have in mating games put us on opposing teams — at least at first. The female brain is driven to seek security and reliability in a potential mate before she has sex. But a male brain is fueled to mate and mate again. Until, that is, he mates for life.

驚くことではないが、性交渉の時男女間でまったく違った目的が持たれている - 女性はやすらぎと信頼を相手に求める。 男性脳は性交すること自体に焚きつけられ、そしてまた性交へ。いつまで続くかというと、つまり、一生である。

Despite stereotypes to the contrary, the male brain can fall in love just as hard and fast as the female brain, and maybe more so. When he meets and sets his sights on capturing “the one,” mating with her becomes his prime directive. And when he succeeds, his brain makes an indelible imprint of her. Lust and love collide and he’s hooked.

固定観念とは裏腹に、男性脳は女性脳と同様一途にしかも即座に恋に陥る可能性を秘めている。もしかすると、女性以上に。「運命の人」に出会い、その人を捕えようとねらいを定めると、その女性と性交することが彼の第一の目標となる。それが実現すると、彼女のことが四六時中頭から離れなくなる。欲望と愛情がぶつかり合い、虜となってしまう。

 

The ‘Doting Daddy Brain’

「溺愛パパ」    by montoさん

A man in hot pursuit of a mate doesn’t even remotely resemble a devoted, doting daddy. But that’s what his future holds. When his mate becomes pregnant, she’ll emit pheromones that will waft into his nostrils, stimulating his brain to make more of a hormone called prolactin. Her pheromones will also cause his testosterone production to drop by 30 percent.

異性をやっきになって求めている男性にとって、献身的溺愛パパというのは似ても似つかないものである。しかし、それが男性の将来の姿である。いったん妊娠すると、女性はフェロモンを発散し、それが相手の鼻孔に入る。そしてプロラクチンと呼ばれるホルモンをより多く生産するよう脳を刺激する。また女性のフェロモンは相手のテストステロンの生産を30%低下させる。

These hormonal changes make him more likely to help with the baby. They also change his perceptual circuitry, increasing his ability to hear a baby cry, something many men can’t do very well before their wives are pregnant.

このホルモンの変化により、男性は以前と比べて、赤ん坊の育児により関わるようになるようだ。また、このホルモン変化は男性の認識回路にも影響し、赤ん坊の泣き声を聞きとる能力を増大する。これは、妻が妊娠しなければ多くの男性が苦手とする領域だ。

And a word to the wise for all the young mothers who are reluctant to let your husbands hold and care for your newborn. The more hands-on care a father gives his infant, the more his brain aligns with the role of fatherhood. So, hand over the baby.

そして、夫が新生児を抱いたり、世話をすることにあまり積極的に賛成していないすべての若い母親にも思い当たることがある。父親が乳児の世話を実地訓練するにつれ、脳が父親としての役割を形成していくということを。だから、赤ん坊を預けてみよ。

His emotions run deep

「男性の感情は深いもの」

Although men have earned the reputation for being more stoic than women, they actually have stronger emotional reactions than we do. They just don’t show it very often.

女性に比べ、より禁欲的であることが知られる男性だけれども、感情における反応の強さは男性の方が強いのが実情だ。

Studies of men’s faces show that the male brain’s initial emotional reaction can be stronger than the female brain’s. But within 2.5 seconds, he changes his face to hide the emotion, or even reverse it. The repeated practice of hiding his emotions gives men the classic poker face.

ただ、彼ら男性はそれを表に出さないだけなのだ。ある調査結果によれば、脳が最初に発した感情的反応が顔に現れるとき、男性の方が女性よりも強く表れる。しかし2.5秒語には、その感情を隠すか、あるいは真意と反対の表情を顔に出すのである。 このような慣習を繰り返した結果、男性にはポーカーフェイスという顔つきが出来るようになった。  

It’s his poker face and his analytical response to personal problems that can put him in the doghouse. She’s crying as she talks about what’s wrong with the relationship, and instead of hugging her, his mind is racing to find a way to resolve the problem as soon as possible.

男性がポーカーフェイスをしたり、個人的問題に対し分析的に応じようとするのは、時に男性の面目を失わせる結果となる。

With practice and because of the way their brains are wired, men use their analytical brain structures, not their emotional ones, to find a solution.

慣行や脳の造りにより、男性は問題の解決法を求めるに際して、脳の感情分野よりも分析的な分野を活用しようとする。

They enjoy this advantage, but women often take affront to it. When you’re telling your husband your problem and he tries to solve it instead of hearing you out, you may think he’s being insensitive. But that’s not what’s going on in his brain. He’s working to solve the problem so he can relieve your pain as quickly as possible. Not because he doesn’t care or doesn’t want to listen, but because he loves you.

男性はこの特長を味わい楽しもうとするが、女性はそれに抗おうとする。 妻が自分の悩みを夫に話して、夫が話をすべて聞き終える前に解決策を出そうとすると、妻は「私の話を真剣に聞いてない」と感じるかもしれない。しかし夫の頭の中はそうなってはいない。 なるべく早く妻の悩みを解決してやろうと思っているのだ。 関心が無いとか、話を聞きたくないとかいう理由でそうするのではない。 愛しているからなのである。

‘Lovable Grandpas’ and ‘Grumpy Old Men’

「愛すべきおじいさんと気むずかし屋のじいさん」
As men age, the male brain hormones change and the male brain and body goes into the stage of life called andropause. The king of male hormones — testosterone — goes down and the queen of female hormones — estrogen — goes up. Whether Grandpa is your kids’ hero or the grouch they hate to visit depends a lot on how he handles these hormonal changes. For example, if his testosterone levels drop to an abnormally low level, he can feel tired, irritable and even depressed. Some men in this condition seek hormone replacement therapy and others find relief in exercise, more frequent sex, and spending more time with other people.

男性は、歳をとるにつれ、脳内ホルモンが変化を起こし、脳も身体もandropauseとよばれる段階に入る。 いわゆる男性更年期である。
男性ホルモンの王者、テストストロンは影をひそめ、女性ホルモンの女王エストロゲンが活発になる。 このホルモン変化といかに上手に付き合うか? うまくいけば子供たちから英雄視されるりっぱなおじいちゃんになれるし、失敗すれば顔も見たくない偏屈ジジイになってしまうのである。
一例を示せば、もしテストストロンが異常なほど低いレベルに下がってしまうと、疲れやイライラ、更には鬱状態にまで進展しうる。こういう状態になった男性の中には、ホルモン入れ替え治療を求める者がいる、また運動、より盛んな性交渉、他人とのつきあい時間の増加によって苦痛をやわらげる者もいる。

The grandpa that kids can’t wait to see is the one who’s feeling the effects of the hormone oxytocin, often called the “cuddle hormone.” He’s fun and playful and likes to hear what his grandchildren have to say. He’s much more patient with your children than he was with you, when you were growing up. The love circuits of the mature male brain can be hijacked by his grandkids, even more than they were by his own children.

子供たちが会いたくてしょうがないタイプのおじいちゃんというのは、オキシトシンというホルモンの影響を感じている人たちだ。 このホルモンは「抱っこホルモン」とも呼ばれている。 楽しくて、遊び上手で、子供たちの話に耳を貸す。 そんなおじいさんにさせるホルモンだ。 そういう人たちは、自分自身の子供が幼少だったころにくらべ、孫に対するときのほうが数段も寛容になっている。 よくあることだが、男性の脳内にある(子供をかわいがる)回路は、子供よりも孫にハイジャックされるのだ。

The ‘Lonely Hearts Club’

Not only is the mature male brain more receptive to closer bonds, but it’s also more sensitive to loneliness. Nobody thrives when they’re lonely, but it seems to take a major toll on older men. Sixty percent of divorces in couples over the age of 50 are initiated by women, leaving their husbands shell-shocked and devastated.

熟成期を迎えた男性の脳は、人間同士のきずながより親密になることに対して受容的になる、それだけでなく孤独感に対し敏感になる。 孤独なときに繁栄する者などいないが、こと老人に関して孤独はかなりこたえるようである。 50代以上での離婚の60%は女性側が発端となっており、それが夫を愕然とさせ、荒廃させるのである。

Once his wife leaves, unless he makes a point of socializing more with other people, his brain stops getting the social workout it needs to make him feel good about himself. If he becomes a loner, his social-approval circuits don’t get activated. In brain scan studies of older males researchers have found that the brain’s pleasure and reward areas, the VTA and the NAc, remain more active in men who are social. So don’t begrudge the divorcee or the new widower some socializing and seeking female companionship.

普段から他人と上手に付き合えるようにしていないと、妻に去られた時、夫の脳は社会トレーニングをやめてしまう、これは自分自身がいい気分でいられるようにするために必要な運動なのである。 一人ぼっちになってしまうと社会認知回路が活性化しなくなる。 男性高齢者に対する脳スキャン研究の結果、社交的である男性の方がそうでない男性よりも、脳内の喜びや報酬にかかわる分野(VTAとかNAC)が活発であることが判明した。 したがって妻は、新たに男やもめとなった離婚夫が社交性を発揮したり、女性と親密な関係になることを嫌がってはいけない。

 

The bottom line

The human brain is the best learning machine on the planet and human beings are capable of making major changes in our lives. But there are some things that the male brain and female brain are not likely to change anytime soon. And it makes more sense to deal with these brain realities, than to argue with them or ignoring them.

The best advice I have for women is make peace with the male brain. Let men be men.

The opinions expressed in this commentary are solely those of Louann Brizendine.

人間脳は地球上で一番の学習マシンであり、人類はその生涯において大きな進路変更をすることが可能となる。だが、いつでもすぐに変えられるのか、というとどうやらそうでもない物事が幾らか存在する。これは男性脳、女性脳両方について言えることだ。  これら脳に関する現実の数々とは、賛否を争ったり無視を決め込むよりも、うまく付き合っていくことの方が道理にかなっている。

私が女性たちに対して言える最良のアドバイス、男性脳と仲良くやりなさい。 男は男のままでいさせてあげなさい。

ここで出されている意見はすべて同氏のものであります。

                 ☆————————————☆

The ‘Lonely Hearts Club’

この言葉を聞いて、すぐに1960年代後半に発売されたビートルズの

“Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band“ 

を思い浮かべた方はかなりのビートルズファンだったのではないでしょうか?

勿論、私も例外ではありません。

20世紀半ばのアメリカでは、恋人や結婚相手を求める男女の仲介をするクラブを、

俗に「Lonely Hearts Club」と呼んだそうです。

リーダーズによると、「lonely hearts」とは、

-友だち[つれあい]を求める孤独な<中年の>人たち<の>.-

と書いてあります。

何やら寂しげな言葉ですよね・・・。

Sponsored Links


Sponsored Links


-旭川時事英語研究会
-,

執筆者:


comment

関連記事

no image

Love, sex and the male brain

皆さん、初めまして!Miyaguchiです。 旭川時事英語研究会のホームページへようこそ! 今回のtextは、CNN.comより引用させていただきました。2010.4.1に勉強する予定のtextです。 …

How the Republican Health Plan Could Affect You

旭川時事英語研究会資料 2017/3/13           The New York Times 旭川時事英語研究会の宮口です。皆さん、お元気ですか? アメリカの医療保険制度改革、「オバマケア」を …

Mike Pence Refuses To Rule Out Torture In A Trump Administration

旭川時事英語研究会の宮口です。 皆さん、お元気ですか?アメリカの次期トランプ政権の副大統領に選ばれたマイク・ペンスという人物は捕虜に対する拷問を容認するかのような発言を繰り返しています。 “We’re …

How Omran Daqneesh, 5, Became a Symbol of Aleppo’s Suffering

旭川時事英語研究会の宮口です。 1枚の写真が世界中を駆け巡った。残念ながら、世界中のどこかで未だに悲惨な戦争が行われているという現実。この現実を直視することから始めなければなりません。8月22日のTe …

Duterte: Filipinos ‘may’ be able to return to disputed shoal

旭川時事英語研究会の宮口です。皆さん、お元気ですか?今日の勉強会の資料です。 旭川は昨夜から雪が降り続き、いよいよ冬の到来といったところですね。 By Jim Gomez | AP October 2 …

カテゴリー

Sponsored Links








Sponsored Links