Washington Post 旭川時事英語研究会

核サミットにおける最大の敗者は?

投稿日:

5月17日の時事英語研究会のtext は、’Loopy’ takes Japan by stormでした。

4月に行われた核サミットに関連してワシントンポストのコラムニストが、鳩山由紀夫首相のことを、「核サミットにおける最大の敗者」と酷評したことについて、Masayoshi Yamadaという島根大学の言語学名誉教授が、”loopy”という言葉を使った意図について質問状を送りました。

私の調べたところでは、日経新聞に掲載された読者3500人へのアンケートで「鳩山内閣支持率11.8% 米紙の首相酷評に同意84.7%」という記事がこの数字の出所ではないかと思われます。

人気のコラムニストの個人的な意見であり、ワシントンポスト紙としての見解ではないという意見もあるようです。
東京に駐在する外国人特派員、米欧の有力紙のベテラン記者は、「ワシントン・ポストの記事は読んだけど、あれはまじめな社説や論評ではない。ユーモアを交えた政治コラムであり、政治家を皮肉ることは欧米紙ではよくあることだ」など様々な意見があるようです。「日本人は外国の目を気にしすぎでは・・・」という意見も出ています。

By Al Kamen

Wednesday, April 28, 2010

It seems Japan just can’t let go of our April 14 column calling Prime Minister Yukio Hatoyama the “biggest loser” at the recent nuclear summit here because he asked for — but did not get — a one-on-one meeting with President Obama. We also described him as hapless and, in the view of Obama administration officials, “increasingly loopy.”

最近の核サミットでオバマ大統領との一対一の会談を望んだのにできなかった鳩山由起夫首相を、我々が「最大の敗者」と呼んだ4月14日のコラムを、日本人は放っておくことができないようだ。我々はまた同首相を「不幸な人」と描き、そしてオバマ政権当局者の見るように、ますます狂っている人(loopy)と著した。

The next day, a top aide to Hatoyama criticized the use of “loopy” as “somewhat impolite.” In a just world, that might have ended the matter.

その翌日、鳩山氏の最高の側近は、このloopyという表現を「いくぶん無礼なものだ」と批判した。正当な世界でなら、ここで問題を終えたのかもしれない。

Alas, Hatoyama stunned members of the Japanese parliament, the Diet, last week when he said that the characterization may have been correct after all. “As The Washington Post says, I may certainly be a foolish prime minister,” Hatoyama said, using a rather mild interpretation of the term.

ああなんということ。鳩山氏は先週国会で、あの性格描写は結局合っているのかもしれないと語って、日本の議会、すなわち国会を驚愕させるに至ったのである。「ワシントンポストが述べるように、私は確かに愚かな首相であるかもしれません」と。鳩山首相は、その(loopyの)言葉の意味を柔らかい方向で解釈したうえでこのように語ったのである。

Next thing you know, “loopy” is all the rage in the Japanese media, the new “in” term, even if its meaning is in doubt.

知らないうちにloopyは日本のマスコミ界で物議を醸しだした。新語(新しい流行言葉)が現出したのである。意味はハッキリしないけれども、新語(流行語)が現れたのである。

An online poll reportedly found this when it asked: “‘What do you think of the harsh criticism Prime Minister Hatoyama received from the American media during his American visit?”

オンライン世論調査によると、「鳩山首相が訪米の間、アメリカのメディアから受けた厳しい批評をあなたはどう思いますか?」の問いに対し、次のような結果が出ているようだ。

A total of 84.7 percent of the respondents answered, “They took the words right out of my mouth.” (Even though Hatoyama’s ratings are plummeting, we suspect this must have been a small poll.)

回答者の84.7パーセントが答えたとされている。「自分が言いたかったこととまさに同じだ」と。(たとえ鳩山氏の支持率が急落しているとしても、この調査結果の数字は信じ難く、小規模な調査だったのではないかと疑っている。)

(注:このsmall poll は、小規模な調査のことなのか、84.7%という数字が少な過ぎるということを指しているのか議論が分かれました。)

By last weekend, T-shirts and other goods had popped up on Web sites with caricatures of Hatoyama highlighting the new hit word “loopy.” One T-shirt sells on Amazon in Japan for 2,940 yen, or nearly $32 — almost as much as a Kobe-beef slider. Must be top-quality cotton.

先週末には、Tシャツや他の商品がウェブ上に現れた。鳩山氏の似顔絵とloopyという新ヒット語を模したもので、あるTシャツなどはアマゾン上で2,940円、およそ32米ドル の売値が付いている— ほとんど小さな神戸牛肉と同じ値だ。きっと素材が最高品質の綿だったのだろう。

(注:スライダーとは、小さなハンバーガーのことで、その語源はのどをスライド、つまりのどを簡単にすべるように落ちていくほどサイズが小さいということから、そのように呼ばれている。)

参考URL:  http://www.lvtaizen.com/_backnum/html/8105main.htm

But confusion abounds as to what the word means.

この言葉の解釈をめぐっては混乱が多い。

We got a kind e-mail Saturday from Masayoshi Yamada, an emeritus professor of linguistics at the University of Shimane, who said the “Japanese mass media showed us two different translations” of the word.

土曜日に、島根大学の言語学の名誉教授ヤマダマサヨシ氏から丁寧な電子メールをいただいた。「日本のマスメディアの解釈は、2通りある」と書かれていた。

“One translated it into the Japanese as meaning ‘stupid,’ ” he wrote, “the other ‘crazy.’ ” A dictionary of American slang, he added, “defines it as ‘stupid, silly or eccentric,’ ” which left him and his students “just helpless when we wanted to decide what your ‘loopy’ usage precisely means.”

ひとつは「馬鹿な」 もうひとつは「狂った」。 またアメリカ俗語辞典では「ばか、愚か、風変わり」と定義されており、いったいどれが正しい解釈なのか教授も学生も困り果てているという。

Dear Professor Yamada:

親愛なる山田教授

Thank you for your inquiry. At the outset, we must emphasize that “loopy” is the exact polar opposite of “in the loop,” which means plugged in or very well informed about things, especially the internal decision-making at the top levels of organizations.

ご質問、有難う御座います。まず強調しておかなければなりません。loopyはin the loopの反対の意味をなします。 in the loopは、関連先との連携が保たれている、もしくは非常によく情報を得られる立場にいる、という意味であります。これは特に組織の最高レベルでの内部意思決定に用いられます。

That said, it seems all of these definitions being used — from Hatoyama’s somewhat charitable “foolish” (translated by some as “confused,” as in fuzzy-headed, the way you might be from cold medicine or drugs or alcohol) to the very harsh “crazy” — do not quite capture the meaning.

さて、ということですが、使用されている様々な定義、すなわち、鳩山首相が使った、やや寛容な”foolish”(愚かな)から、非常にどぎつい表現の”crazy”(気違いじみた、気が狂った)、それは、どれも、(“loopy”の)正確な意味を表わしているものではないように思えます。

―”foolish”(愚かな)は、人によっては、「混乱した」と―それは、つまり、風邪薬を飲んだ時や麻薬をやった時、酒に酔った時に陥ることがあるような頭が朦朧とした状態を表わす意味での「混乱した」という意味で訳されることがあります。

After discussion with several experts — actually, reporter colleagues who sit within a 30-foot radius — the consensus is that the term essentially refers to someone oddly detached from reality.

何人かの専門家と協議した結果、―専門家とは、実際には、半径30フィートの範囲にいる同僚記者たちのことですが―協議した結果、みんなの一致した見解は、この”loopy”という用語は、本来的に、「現実から奇妙に遊離した人物のことを表わす」ということです。

For example, almost anything former senator John Edwards (D-N.C.) has said since he acknowledged his “love child” last year with a woman called the “campaign videographer” would probably qualify as loopy.

例えば、前上院議員John Edwards(ノース・カロライナ)が、「キャンペーン・ビデオグラファー」だという女性との間に生まれた「「私生児」の存在を昨年、白状して以来語ったほとんどすべてのことが、おそらくloopy”に該当します。

Another example would be South Carolina Gov. Mark Sanford (R), who went on television after his torrid love affair with an Argentine woman was discovered and said that, while he had done something wrong, he would not resign.

他の例としては、サウスカロライナ州知事のMark Sanford (共和党)を挙げることができるでしょう。この人物は、アルゼンチンの女性との激しい浮気が発覚した後にテレビに出演して、悪いことはしたけれども知事は辞任しないと語りました。

That was more or less okay. But then, according to his soon-to-be-ex-wife’s memoirs, he called his estranged wife and asked about his news-conference performance, “How did I do?”

その点は、まあ良いでしょう。しかし、まもなく離婚するであろう(離婚手続き中の)妻の回顧録によると、知事は別居中の妻に電話をして、そのニュースの会見について、「出来はどうだった」と訊ねたというのです。

Now, that was loopy. Hope this helps.

さて、このようなものが”loopy”の意味です。お役にたてれば幸いです。







-Washington Post, 旭川時事英語研究会
-, , , ,

執筆者:


comment

関連記事

No one is paying attention to the worst humanitarian crisis since World War II

旭川時事英語研究会の宮口です。何だか寒い日が続いていますね。 今日のtextはWashington Postから引用させていただきます。 Opinions No one is paying atten …

no image

Relief agencies fear disease in flooded Thailand

By the CNN Wire Staff October 31, 2011 — Updated 0624 GMT (1424 HKT) Bangkok residents paddle …

no image

Disgraced Chinese railway official given suspended death penalty

Disgraced Chinese railway official given suspended death penalty By Paul Armstrong, CNN July 8, 2013 …

英語の発音は悪い方がいい!?

HaffPOSTに日本人にとって非常に頼もしい?記事が掲載されました。 なんと「英語の発音は悪い方が良い」という株式会社ワールドの足立光氏の記事です。 1.英語の発音では、「ネイティブに永遠にかなわな …

no image

North Korea denies punishing citizens for not mourning enough

皆さん、明けましておめでとうございます。 今年初めての英語の勉強会になります。 皆さんはどんなお正月を過ごされたのでしょうか? 早速ですが、北朝鮮の体制が新しくなり後継者の偶像化に躍起になっているよう …

カテゴリー








英語学習人気ランキング

click please ⇒

Sponsored Links