CNN 旭川時事英語研究会

Naps may boost learning, study finds 

投稿日:20104 更新日:

4月29日の旭川時事英語研究会のtextです。

今日は「旭川モントレー英語倶楽部」のNさんと「野村英語維新塾」のNさんが大活躍!
色々と教えて頂きました。
翻訳には、まだまだ未検証の部分がありますが、皆さんのご批判をお待ちしています。
それにしても科学者というものは面白いことを研究しているのですね。
脳の機能については、まだまだ未解明の部分が多いようですね。

Naps may boost learning, study finds

昼寝(仮眠)には学習を促進する効果があるかもしれない

Research finds sleep, dreams may help after a cram session

研究によると、眠ること、夢見ることは詰め込み学習(一夜漬けの勉強)に役立つことが分かった。

By Robin Nixon
updated 1:40 p.m. ET April 22, 2010

Scientists have long wondered why we sleep and why we dream. A new study provides evidence for some long-held notions that sleep and dreams boost learning and help us to make sense of the real world. Even naps can help, the researchers found.

科学者たちは、長年、私達が眠るのは何故なのか、何故夢を見るのか不思議に思っていた。新しい研究によると、睡眠や夢を見ることに学習効果があり現実の世界を理解することに役立つ、という幾つかの長年抱いてきた概念への証拠を提供した。昼寝でさえ効果があるのだ、と。

Test subjects who dreamt about a challenging task performed it better than those who didn’t have such dreams.

やりがいのある仕事を成し遂げる夢を見た実験の対象者は、そのような夢を見なかった人よりも良かった。

This newfound link between dreaming and learning gives insight into why humans bother to sleep at all. The study is thought to be the first to show “the relationship between dreaming and function in the outside world,” said senior researcher Robert Stickgold of Harvard Medical School.

夢を見ることと学習に関連する新発見は、なぜ人間が(危険を冒してまで)わざわざ眠ったりするのかについて一つの解答を提示している。この研究は、「夢を見ることと外部の世界との相関関係」を初めて示したと考えられる、とハーバード医大の上級研究員ロバート スティックゴールドは述べた。

While dreams have always mystified mankind, scientists have been equally curious about sleep. “It is dangerous to go to sleep,” Stickgold said, evolutionarily speaking. Unconscious beings lying flat on their backs are especially prone to attack, he pointed out.

夢はいつの時代も人間にとって不可解な存在であるが、同時に科学者には好奇心をそそられるものでもある。「眠りにつくことは危険である。」と、進化論者のスティックゴールドは述べた。横たわって床に就き無意識の状態では、特別攻撃の対象になる傾向がある、と彼は指摘した。

So why have we evolved to spend a third of our lives sleeping?

なのに何故、私達の生活の3分の1を睡眠に費やしたまま進化してしまったのだろうか?

Previous research has shown that sleep benefits the immune and endocrine systems, but it hasn’t been clear that sleep per se is necessary. Resting quietly may be enough to meet these needs, Stickgold told LiveScience.

以前の研究では、睡眠は免疫と内分泌系システムに役立っていることを示しているが、しかし、睡眠自体が必要であることを明らかにしてはいない。静かに休息することは、これらの必要性を十分に満たすかもしれない、とスティックゴールドはライブサイエンスに語った。

Sleep, however, might affect the brain in a way that no other state can equal, suggests the study published in the most recent issue of the journal Current Biology. The effect is likely critical for learning and making sense of life skills worth sleeping for, scientists think.

しかし、睡眠は脳に影響を与えているらしい。そして、その影響とは睡眠以外のどの状態にも真似できないものである、とジャーナル・カレント・バイオロジー誌の最新記事で発表された研究は示唆している。睡眠の効果は、眠ることによる学習と生活技術の価値のための批判のように、と科学者は考えている。

During the study, 99 participants were taught to navigate a virtual maze on a computer screen. Half were then allowed to nap for two hours, while the other half remained awake. Later that day, all participants were re-tested on the maze task.

実験中、99名の被験者はコンピュータの画面上の仮想迷路を通り抜けてもらい教えてもらった。半分は実験後に2時間の仮眠を取ることを許され、他の半分には起きていてもらった。後で、全ての被験者は迷路実験の再テストを受けてもらった。

Those who reported dreaming about the maze significantly improved their performance. They did better than people who had slept, but did not dream. And better than those who stayed awake rehearsing the task in their minds. Specifically, the dreamers bettered their performance more than six times the improvements of all other participants.

迷路に関しての夢を見たと報告した被験者の成績は劇的に向上した。彼らは眠ったが、夢を見なかった人々よりも良かった。そして、起きて心の中でリハーサルをしていた人々よりも良かった。明確に、夢を見た者は全ての他の参加者よりも6倍以上も成績を上げたのだ。

Instead of simply rehashing the maze experience, participants described dreams that made broad associations between mazes and other aspects of their lives like recalling an experience exploring bat caves or seeing their future job application process depicted with maze-like features.

参加者は単に迷路の解き方を解説するのではなく、迷路と緊密なつながりはないが、どこか似通ったところがある日常生活の出来事が出てくる夢について語った。たとえば、洞窟探検の夢や、迷路のように手探りで進んでいくような将来の就職活動状態など。

“Every day, we are gathering and encountering tremendous amounts of information and new experiences,” said lead researcher Erin Wamsley, also of Harvard Medical School, in a press statement. “It would seem that our dreams are asking the question, ‘How do I use this information to inform my life?'”

毎日、私達は収集し、膨大な量の情報や新しい経験と遭遇している、とハーバード医科大学の主任研究員のエリン・ワムズレイは記者会見で述べた。「それは、夢が質問を求めているように思える。」「私の人生を満たすために、どのようにこの情報を利用するのか?」

Sleeping essentially lets the chaos of life sink in so we can make sense of it. A study earlier this year found that even naps boost learning.

私たちが日々の混沌とした情報を整理できるように、睡眠をとることによって、根本的にこのまとまりのつかない情報をいったん脳に浸透させるのである。今年の初めに発見された研究は昼寝でさえ学習を促進する、と。

“We can’t really process one stream of information while we are taking in another one… so sleep becomes necessary,” Stickgold said in a telephone interview. “It may be that for every two hours we are awake, it takes our brain an hour to process that information, so we need eight hours of sleep a night.”

「私達が他のことについて話している間、情報の一つの流れを処理することが出来ません。・・・だから睡眠が必要になるのです。」とスティックゴールドは電話インタビューで言いました。「それは私達が起きている2時間毎に、その情報を処理するのに1時間かかる、だから夜8時間の睡眠が必要なのです。」

To remember something in particular say, the lines of a play or formulas for an exam it might help to study right before dozing, whether that means studying late at night or napping directly after a cram session, Stickgold said.

何か特別なことを覚えるために、たとえば、お芝居のセリフとか、試験のための公式などを覚えるためには、睡眠をとる直前にその覚える作業をおこなうと睡眠の効果が得やすいようだ。その作業は夜遅くおこなっても良いし、昼間、詰め込み勉強をして直後に昼寝をするというのでも構わない、と、スティックゴールドは言う。

And if you can get yourself to dream about the material, you are at a particular advantage. Unfortunately, “dream content is notoriously hard to control,” Stickgold said. The non-conscious brain “has its own rules,” and focuses on whatever it deems most important, he added.

そして、もしあなたが材料(実験の問題)についての夢を見ることが出来るのなら、格段に有利になる。不運にも「夢の内容が制御不能である」としても、とスティックゴールドは述べた。無意識の脳は、「独自のルールを持っている。」そして何が最も重要な判断であるかに焦点を当てるのだ、と彼は付け加えた。

So your best bet for inducing an exam-acing dream is convincing yourself (and your brain) that the material truly matters, Stickgold said something that is, of course, easier to do for some subjects than others.

だから、試験で成功する夢をみるために一番良い方法は、自分自身に(そして自分の脳に)その題材(試験のための公式のような)が、本当に大切なものだと言い聞かせることだ、とスティックゴールドは言う。題材によって、それが(脳に言い聞かせることが)簡単なものもあるし、なかなかそういかないものある。

While some scientists have previously brushed off theories that dreams have meaning, Stickgold says dreams aren’t random. “In dreams, we are seeing the brain’s calculation of ‘Do I care’ and ‘Why do I care?'” he explained.

一部の科学者が以前、「夢には意味がある」という理論を拒絶したとしても、スティックゴールドは、「夢は不規則ではない」と述べる。「夢の中で私達は、“気に掛けた方が良いのか、何故、気に掛けなければならないのか”を計算しているのを見ることが出来るのだ。」と彼は説明した。

The brain is also making associations between new information and past experiences. “What makes the human brain so brilliant is that we can take learning in one area and apply it to another,” Stickgold said. And sleep may be critical for this level of understanding to occur.

脳はまた、新しい情報と過去の経験との間で関連づけを行っている。「人間の脳がすばらしいのは、ひとつの領域で学習したことを別の領域に応用できることです」とスティックゴールドは言う。そして睡眠はこのレベルの理解(がおこなわれるの)に不可欠なのかもしれない。

Scientists used to think snoozing was only a cure for sleepiness. “It was as if we thought the only function of eating was to cure hunger, not to nourish our bodies,” Stickgold said.
But now, researchers might have an understanding of dreams that even mystics may envy.

科学者たちはこれまで、うたたねは単に眠む気を改善する手立てだと思っていた。「それはまるで、我々が、食事の機能は単に飢えを凌ぐ手立てであり、体に栄養を補給することではないと思っているようなものです」とスティックゴールドは言う。
しかし、今では、研究者たちは夢占い師が羨むほどよく夢について理解できているのかもしれない。

By reflecting the brain’s effort to prioritize information and make associations, Stickgold said, “dreaming may be part of the process that creates the meaning of our lives.”

脳の努力により情報の優先順位を付け、関連付けを行うという反応による、とスティックゴールドは述べた。「夢見ることは、私達の生活の意味を創造する過程の一部なのかもしれない。」

© 2010 LiveScience.com. All rights reserved.

Sponsored Links




Sponsored Links




-CNN, 旭川時事英語研究会
-, , , ,

執筆者:


comment

関連記事

Why are we so gripped by missing Malaysia Airlines Flight 370?

旭川時事英語研究会 – 資料 By Dana Ford, CNN March 17, 2014 — Updated 0424 GMT (1224 HKT) (CNN) &#82 …

Protesters raise Russian flag over eastern Ukrainian city

旭川時事英語研究会 – 資料 From Victoria Butenko, for CNN April 7, 2014 — Updated 0012 GMT (0812 HKT …

no image

Afghan woman beheads daughter-in-law for refusing prostitution, police say

旭川時事英語研究会の宮口です。 皆さん、お元気ですか? 旭川では朝晩の冷え込みが続き、ストーブの恋しい季節になってきました。 風邪をひかないように気をつけて下さいね!! October 18th, 2 …

no image

3 professors share Nobel Prize in chemistry

By the CNN Wire Staff October 6, 2010 — Updated 1222 GMT (2022 HKT) The 2010 Nobel Prize in ch …

no image

Iran denies reports of grenade lobbed at Ahmadinejad’s convoy

By Reza Sayah, CNN August 4, 2010 — Updated 1639 GMT (0039 HKT) (CNN) — Iran denied repo …

Sponsored Links

Sponsored Links



search