Sponsored Links

Sponsored Links

Heart Attack, Stroke-Prone Arteries More Common in Nasty People

今日は、ABC Newsの記事を取り上げます。

性格と病気との関連など昔から指摘されていますが、研究者とは面白い研究をしているものですね。しかし、心身症など心と身体の相関関係に関する研究は民間療法や宗教などに比べて遅れているような気がするのは何故でしょうね?

研究によると、敵対的で怒りっぽい性格傾向を持つ人は、心臓発作や脳卒中を起こし易い・・・今まで、そうかも知れないと感じていたことを、動脈壁の厚さと関連付けて理論的に解明出来たのでしょうか?

An Antagonistic Personality Might Increase Your Risk For Cardiovascular Disease 20 comments By JOHN GEVER, MedPage Today Senior Editor Aug. 17, 2010

People with antagonistic or disagreeable personalities have thicker arterial walls that may make them more prone to heart attacks and strokes, researchers said.

The carotid artery lining was . . . → Read More: Heart Attack, Stroke-Prone Arteries More Common in Nasty People